愛知県 江南市、扶桑町、大口町、犬山市、一宮市、岩倉市の泌尿器科・女性泌尿器科・漢方内科

まりこ泌尿器・漢方内科

〒483-8063 愛知県江南市高屋町八幡29番地1

診療時間
9:00〜12:00/13:30〜17:00
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせはこちらへ

0587-56-5222

医療脱毛について

当院の「医療脱毛」が選ばれる理由

厚生労働省が認可した医療脱毛機で、
安心/安全で確実な医療脱毛です

毎回の都度会計で、期限が限定されません。自分のスケジュール事情に合わせて、いつでも気楽に受けられます。いつでも延期・中止できる自由さ!

尾張地区に初導入の最新機種Gentle Max Pro Plusを導入しています

安心/安全の医療脱毛
いかがですか?

医療脱毛レーザー最新機器

 

Gentle Max Pro Plus

愛知県尾張地区 初導入!!

20223月に発売された

☆☆医療脱毛最新鋭機器☆☆

(厚労労働省認可・薬事承認取得)

 

日本で薬事承認取得できている安心・安全で効果の保証された数少ない脱毛機のうち、

今年2022/3に発売したハイスペック最新機種です❗️

 

 

大きな特徴として日焼けした

小麦肌でも安全に脱毛が可能!!

産毛から、抜けにくい剛毛まで

2種類のレーザー光で

ハイスピードに高度な長期減毛(永久脱毛)

が可能に!

 

 

他社の脱毛機より表皮の

冷却システムに優れており

レーザー照射時に冷たいスプレーが

皮膚を保護するだけでなく、

痛みと苦痛を軽減させます!

 

脱毛の中で最も痛みを感じるVIO脱毛を

麻酔なしで受けられました‼︎

他院さんの麻酔クリーム使用しての

他機種の医療脱毛機の経験がありますが

そっちの方が痛かったです

byスタッフ体験談

 

痛みの感じ方には個人差があります

ので心配な方は麻酔クリーム対応可

お気軽にご相談くださいください

 

このハイグレードな医療脱毛を

是非当院にて体験ください

もっと詳しく知りたい方は、

 

ジェントルマックスプロプラス

で検索または当院まで

 

 

更に!!こちらの機器は

【皮膚良性色素性疾患治療での

薬事承認(厚労労働省)も取得】

しており、シミ・ソバカス、毛細血管拡張症にも有効

 

脱毛の施術を受けていただく度に

どんどん美肌効果も発揮✨✨

 

この特性を利用して、

よりしっかりした照射エネルギーにて

顔の美肌とシミ取り治療が出来ます✨✨

 

アメリカ  シネロン社のGentle Max Pro Plus」
この最新機器の性能について…

尾張地区初!の最新機種の特徴をご紹介します♪

 

この機械は日本の医療機関で一番導入されている医療用の脱毛機器

「ジェントルマックスプロ」の後継機で、2022年3月に発売されました。

 

この治療機は今までのジェントルシリーズと同様に、効果と安全性が認められているため、厚生労働省の認可を受けています。

 

そして、今まで全国で活躍してきた旧機種の「ジェントルマックスプロ」から、

① 1発の照射面積が26mm(広い方が短時間!)

② 1秒に3回も照射できる(素早く終わる!)

③ 照射のエネルギー量がup(脱毛効果up!)

という点で優れております。

 

つまり、

 

レーザー先端口径が広く、1秒間に3回レーザー発射できることで、

従来モデルよりもハイスピード照射で、施術も短時間で終了します。

全身脱毛も短時間!

 

そして、剛毛部分の脱毛はどうしても完全な無痛ではいられないもの。

そんな中、当機種ではハイパワーでありながら皮膚をダイレクトに冷却できる特許技術によりしっかりと脱毛しつつ、痛みを軽減します。

 

そして、1発の時間が3msecから2msecと減り、

少ない照射時間で強い量が照射できることで、

より脱毛効果がUPしました。

 

 

素早く施術を終わらせます

痛みが少ないのに確実に効果を出します

合計の施術回数も少なくなります

 

従来、抜けにくいと言われている「産毛」(うぶげ)まで、レーザー熱量が十分に出るために、しっかりと脱毛の対応ができます。

 

当院で安心/安全で確実な脱毛医療を提供できることを嬉しく思います。

 

2波長を搭載、どんな肌質の人にも対応

2種類の波長アレキサンドライトレーザー(755nm)とヤグレーザー(1064nm)を搭載しており、肌の普通の肌色の方の脱毛から、肌の黒い方の脱毛まで、最適のレーザー波長で対応します。毛根が浅いところにある人から、深いところにある毛が抜けにくい低い人まで、しっかり対応できます。

 

2波長がそろうことで、皆様の肌質・毛質に合わせた安心・安全で確実な医療レーザー脱毛が可能になりました。

全身脱毛も素早く確実!

1秒間に3発が発射できることとで、すばやく全身脱毛!

従来の照射時間よりも短い時間で強い強い熱エネルギー照射ができ、脱毛効果UP!

 

この2点がすぐれており、長期減耗(永久脱毛)を達成します。

美白/美肌効果もゲット

この機械は、【皮膚良性色素性疾患治療での薬事承認(厚労労働省)も取得】しており、シミ・ソバカス、毛細血管拡張症にも有効です

 

脱毛の施術を受けていただく度にどんどん美肌効果も発揮します

 

この特性を利用して、よりしっかりした照射エネルギーにて顔の美肌とシミ取り治療も出来ます

よくあるご質問 Q&A

エステ脱毛との違いは?医療脱毛とどう違うの?

医療機関では毛根の破壊が許されているため、医療脱毛では長期減耗(永久脱毛)が期待できます。

反対に、エステ脱毛では毛根の毛母細胞の破壊が許可されていません。(毛根の毛母細胞の破壊を伴う脱毛は「医師法」違法となります)光/IPL/フラッシュ式の機器を使用して弱い光エネルギーを毛母細胞よりも浅い領域までで複数回照射することで、毛を細くする「減毛効果」や、一定期間毛が生えてこない「除毛効果」が出ることにとどまります。

そのため毛母細胞までレーザーが到達しないので長期減耗(永久脱毛)にはなりません。ただし皮膚表面に光を当てるのみですので、効果がない分だけ照射時の痛みも軽い場合もあります。

エステ脱毛では1回は低価格ですが、数十回(約15~20回程度)の通院が必要など、最終的に施術の回数が必要なため総支払額でみると安くなかったということもあります。

またエステサロンの美容スタッフは、医師ではでないため医学的知識が十分とは言い切れません。皮膚トラブルに対する知識が乏しい可能性もあります。また脱毛施術時の副作用の熱傷など発症した際は、速やかな対応が必要となります。熱傷治療は医療行為となりますのでエステではできません。

子供が自宅で使える家庭用脱毛器を買ってきました。
親としては不安です。大丈夫でしょうか?

最近、自宅でできる家庭用脱毛器が浸透しています。

家庭用脱毛器は、光/IPL/フラッシュ式という方法で毛に光を当てて脱毛効果を狙います。この
光は目に入ると害があるため、必ず専用のゴーグルの使用が必要です。また、光照射時に散乱光により熱が発生するため、熱傷のリスクを伴います。こういった機器での光のエネルギーの照射量は低く効果が弱いため、複数回繰り返しても成果は減耗・除毛の範疇にとどまります。

基本的に、光脱毛という行為自体が、熱傷・粘膜損傷などのリスク伴う危険なものです。また、
VIO用のものもあるようですが、VIO部分は自分では見えない部分が多く、IラインO部分は自己施術は困難です。自宅の髪染めと美容室の髪染めで出来栄えが違うように、脱毛も経験豊富なプロフェッショナルの施術が安心/安全です。

医療脱毛でしたら手の届かない範囲も含めて永久脱毛の効果を発揮します。なによりも安心/安全とを第一優先ではないかと思います。皮膚にトラブルがあっては取り返しがつかないことも出てきます。知識と経験が不十分な中での家庭用脱毛器の使用はお勧めではありません。

余談ですが、医療機関のレーザー施術の中でも、脱毛は特に熱傷からのケロイド形成のリスクがあり、専門的な知識を必要とする領域です。当院でもこれらの側面を考慮して、なによるも安全を第一に考えて、厚生労働省が認可の安心安全な最新機種を導入しました。

痛みに弱いです。麻酔はどうなりますか?

Gentle Max Pro Plusは、熱破壊式脱毛機に分類されます。
この方法での脱毛は、剛毛であるほど施術時に熱を発生させるため、施術痛は大なり小なり生じます。

機種では、事前に専用の冷却ガスでしっかり皮膚冷却することで従来の機種よりも大幅に痛みを改善しています。

レーザー1発の照射口径が広く素早く施術できて、かつ、1秒に3発照射できることから
全身脱毛ですら短時間であっという間に施術が終了します。

ただし、痛みの強い男性の施術(全般)と女性のVIO脱毛に関しては、希望者には麻酔クリームを無料でサービスしております。

女性のその他の部位での脱毛時は、有料で麻酔クリームを購入いただけます。

詳しくはスタッフまでご相談ください。

必要な回数と間隔は?どうですか

毛には成長期・退行期・休止期という毛周期(休止期の毛が生えてくるまでの期間)のサイクルがあります。毛の毛周期は、それぞれの生えている場所によって多少の差はありますが、平均的に1.5~2カ月程度です。

熱破壊式脱毛器は、レーザー照射時にメラニン色素を含む成長期にあたる毛がレーザーに反応することで熱を発生して毛根組織を破壊して脱毛していきます。

退行期や休止期の毛にはメラニン色素が含まれていないため、レーザーを照射しても反応は期待できません。また、白髪や毛抜きで毛根を抜いてしまった場合も毛の色素が残っていないため、脱毛はできません。

 

そのため、毛周期に合わせて約1.52ヵ月ごとにレーザー照射することが必要となり、複数回レーザーを照射することで効果を実感しやすくなると考えられます。平均的に5~6回程度の照射が必要となりますが、毛の太さ、毛根の深さ、年齢、照射部位の状態によって6回以上必要となる場合があります。


Gentle Max Pro Plusでは、毛の破壊力が強いため、旧機種と比較しても平均減耗率がやや高くなっており、照射回数の合計が少なくても結果がでる傾向があります。

脱毛時のリスクは?施術前の注意点について

レーザー照射時に熱が発生するために、皮膚の熱傷のリスクや、皮膚のバリアが一時的に破壊されるために照射後に毛嚢炎を生じる場合があります。まずは、照射後に赤みがある場合は、その場でステロイド軟膏を塗ることで対応を致します。

日焼け部分では皮膚のメラニン色素にもレーザーが反応して、皮膚全体の熱傷になる可能性があるため、脱毛予定日の1カ月前からは日焼けしない対策が必要です。日焼けが強い場合は、その日の照射をやめて、別日に延期するご提案をする場合があります。

熱傷は、軽度であれば治癒しますが、重度の熱傷や、熱傷部位を触るなどして炎症をこじらせた場合は、同部位がケロイド化する可能性があり、触らない等、十分に注意が必要です。

また、入れ墨に照射が当たると、色素にレーザーが反応して熱傷が起こりるため、入れ墨のある部位への照射は行っておりません。

剃毛はどうしたらいいですか?

事前のカミソリ等の剃毛をお願いしています。
当院での剃毛を受けられる場合は剃毛代をいただきます。(VIOなどどうしても手が届かない部分の少量の剃毛を除く)
 
また、毛抜きしますと、毛根のメラニン色素が抜けてしまうために、レーザー照射の効果が発揮できませんので、毛抜きはおやめください。同様の理由で、ブラジリアンワックス脱毛など、毛根が抜けるタイプの脱毛/毛の処理でお越しいただいてもはレーザー照射は効果がでません。

VIO(陰部)はどんな感じでやりますか?

当院では、ご自身で残したい毛のデザインを決めていただき、マーカーでラインを引いていただき、そのラインにしたがって照射を行います。

VIO脱毛時は台の上に寝ていただきます。

●Vラインは仰臥位にて照射を行います。
●Iラインは、足を片方ずつ開いて陰部の照射を行います。粘膜にはレーザーが当たらないようにカバーしながら、ヒダの内側までしっかり照射を当てます。
●O部分では、うつぶせになり、肛門周囲の照射を行います。分け目を広げてしっかり照射します。

VIO施術時に紙パンツはついている?

紙パンツの用意はありますが、希望がなければ使用せずに行っております。はっきりと施術部位を露出した方が、しっかりと施術できるからです。

VIOでのどうしても紙パンツご希望の際は、1回に1個につき無償でご提供します。その他の部位での紙パンツは有料となります。

脱毛施術をやらない方がいい時ってありますか?

よく日焼けしているとき、アトピー悪化時、妊娠時など、脱毛を避けた方がいい時があります。

前述のように、日焼けした肌は、レーザー光が皮膚のメラニン色素にも反応するため、皮膚全体が熱傷になる可能性があります。レーザー光を色黒タイプにすることもできますが、基本的に日焼けは皮膚の軽度の熱傷が残っている状態です。(ヒリヒリするのはそこに炎症が残っているからです。)その状態で皮膚にレーザー光で負担をかけることは望ましくなく、日焼けがなくなるまで待つといいと思います。

妊娠判明後は、脱毛は一時中止ください。出産後からの脱毛施術は再開できます。

アトピーが悪化しているときも、皮膚の炎症が悪化する可能性があり、照射を避けるといいです。脱毛は緊急のものではありまでん。
皮膚の状態がいいコンディションのときに、しっかり安心安全の状態で脱毛をうけることをお勧めします。

色黒と色白でどう違うの?

色白さんの場合:

 

 

一般の日本人に多い色白~普通の平均的な肌色の方フィッツパトリックスキンタイプ尺度でⅠ~Ⅳ)は、アレキサンドライトレーザー(755nm)にて照射を行います。

色黒さんの場合:

 

 

一方、色黒(フィッツパトリックスキンタイプ尺度でⅤ、Ⅵ)の方は、ヤグレーザー(1064nm)を使用します。海外では黒人の方の脱毛にこの波長を使用しているそうです。

 

また、毛根の位置が深い方は、通常のアレキサンドライトでの脱毛効果が不十分であることがあり、深い部位までレーザーが到達するヤグレーザーを使用する場合があります。

 

 

 

2種類の波長アレキサンドライトレーザー(755nm)とヤグレーザー(1064nm)を搭載することで、2波長を使い分けて幅広い様々な肌色と毛の深さに対応できます。

施術後、いつから毛が抜けますか?

レーザー照射後、1~2週間前後で徐々に徐々に毛が抜け落ちていきます。

 

照射時に毛がポップアップした部位もしていない部位も効果が期待できます。照射後、気になる場合は毛抜きで抜いてもいいですが、抜いても抜かなく自然脱落に任せても効果は変わりません。

副作用の硬毛化(こうもうか)って何ですか?

「硬毛化」は、レーザー脱毛治療中に起こりうる現象です。

本来、長期減毛の目的でレーザー照射を行うのですが、条件の合わないメラニン量が少ない薄い毛が、かえってレーザー照射が刺激になって毛が濃く・太くなるこの現象です。

体の中でも好発部位があり、毛の薄い部分である、
上背部(特に中央部)
肩から上腕部
うなじ
フェイスライン(もみあげ~あご)
などがあげられます。
ただしどの方が硬毛化しやすいかは、実際に照射してみないと分かりません。

「硬毛化」が起こった場合の対応は3つです。
1) 1年待てば自然に元の毛に戻ります。毛が戻るまで脱毛施術を止めて待つ
2) 今までより強いエネルギーで照射を行う
3) アレキサンドライトで行っていた場合は、ヤグレーザーに変えて照射を行う

上記を相談しながら対応を検討いたします。

毛深いですが人より回数がかかりますか?

同じ人でも髭、腋毛、VIOなど毛が太い部分の方が、照射回数が必要となります。

同じ部位の脱毛でも、毛が剛毛で丈夫な方、毛根が深い方は、平均よりも照射回数がかかる場合があります。約6回程度脱毛を行って、抜けない場合は毛根が深いと判断して、ヤグレーザーに切り替えて照射をします。

最終的に10回~15回前後照射して抜けない毛があれば、「針脱毛」を行っていただくといいでしょう。

当院では針脱毛の提供は行っておりません、何卒ご了承ください。

熱破壊式脱毛(当院)は蓄熱式脱毛とどう違いますか?

熱破壊式脱毛(当院)は、レーザー照射時にメラニン色素を含む成長期にあたる毛がレーザーに反応することで熱を発生して毛根組織を破壊して脱毛していきます。ある程度の代償はあるものの痛みを伴います。当院の機器はこの方法のものです。

反対に、蓄熱式脱毛とは、低出力のレーザーを照射して皮膚に熱をためて、毛根にあるバルジ領域(毛の生成を促す司令塔)のみを破壊する照射方法です。低出力で脱毛するため痛みは軽減できますが、脱毛に時間がかかり通院回数も多くなります。

 


一般的に熱破壊式の脱毛は蓄熱式脱毛よりも効果があります。
ただし、事情があり無痛を望む方は、回数がかかること、産毛の脱毛を得意としないことを把握したうえで、蓄熱式脱毛をご検討されるといいと思います。

一般的には、脱毛困難の代表である「産毛」は、やや熱破壊式脱毛の方が脱毛しやすいといわれています。

産毛はどうやって脱毛できるの?

産毛は、抜けにくく、「硬毛化」しやすい厄介な毛になります。

熱破壊式は毛根の有するメラニン色素にレーザーを反応させるため、基本的に毛色の薄く、細いためメラニン含有量も少ない産毛の脱毛は得意としません。

蓄熱式もまた、蓄熱式脱毛は1回1回のレーザー出力を抑え、照射回数で皮膚内に徐々にエネルギーを蓄積する照射方法ですので、エネルギー出力が低いため、産毛には反応しにくいです。

 

その点で、熱破壊式脱毛をしっかりしたエネルギー照射量で行うことが、産毛脱毛にいいだろうと考えられています。

何歳から脱毛をおこなえますか?

当院の熱破壊式脱毛の方法は、ある程度の大小はあるものの、やはり多少の痛みを伴います。

痛いときにある程度動かずに堪えられ、かつ痛いと自分で言えるようなお子さんであれば、どの年齢で脱毛を受けても効果に差はありません。動かない、痛みが伝えられるという条件を考慮すると、一般的には10歳前後からが一つの目安でしょうか。

また、未成年者の施術には、保護者の同意が必要ですので、ご了承ください。

痛みに耐えられなお子さんの脱毛には「蓄熱式脱毛」という方法もありますので、ご検討ください。

●18歳未満の方の受診時は以下の「未成年者・保護者同意書」をご記入の上ご来院ください。(↓)

お電話はこちら

0587-56-5222

尿の悩みはなんでもご相談ください。

東洋医学でさまざまな体調不良に対応します。

まりこ泌尿器・漢方内科は愛知県江南市の泌尿器科、漢方内科です。泌尿器科、女性泌尿器科、小児泌尿器科を専門と、排尿ケア、認知症の排尿トラブルも得意としています。また、漢方内科として、更年期障害、肌トラブル、頭痛、腹痛、胃炎、生活習慣病、アンチエイジングなどのさまざまなお悩みにお答えします。丹羽郡扶桑町、大口町、一宮市、犬山市、岩倉市、各務ヶ原市からも通いやすい医院です。